有限会社エポックブレイン
13:00~21:00(平日)
09:00~20:00(土日)
火・水・祝日
menu メニュー
2018年07月04日
ブログ

不動産購入諸費用について

不動産売買ですぐに思いつくのは仲介手数料

仲介手数料は上限金額が決められていて、現在のルールでは200万円以下5%+税で 200万円を超え400万円以下は4%+税 400万円超は3%+税となっています。

今年に少し改正があり、低廉な空き家等の売買などで通常と比べて現地調査などの費用が発生する場合、空き家の売り主または交換をする者から受け取れる仲介手数料は、上記の上限額と現地調査などの費用を合計した額(ただし、上限は18万円+消費税)までとなります。仲介手数料については、事前に両者間で合意する必要があります。

仲介手数料以外にも諸費用が必要です

大事なのは、仲介手数料以外にも諸費用が色々掛かります。当社は諸費用概算を購入される方にはお出ししています。

  • 印紙税・・・契約書に貼付します、売買金額により違います。融資の契約書にも貼付が必要です、同様に借入金額により違います。
  • 登記費用・・・購入した物件を自分の名義にする所有権移転費用や、借入した銀行の抵当権設定費用です(司法書士への支払い)
  • 融資手数料・・・融資を受ける銀行への手数料です、通常3~5万円です。
  • 保証料・・・借入金額と借入年数により決まります、融資を受ける保証会社へ支払います。
  • 火災保険料・・・土地のみの購入には不要ですが、マンション。戸建住宅の場合には、万が一に備え加入するべきと思います。
  • 不動産取得税・・・不動産を取得した人に掛かる(県税)税金です。建物年数等により控除額が違います。新築や比較的築年数の浅い物件はゼロ円になる事が多いです。
  • 固定資産税精算金・・・物件を受渡し頂いた日からが、買主さんの負担になりますので、365日で日割計算をして受渡し時に精算をします。

 

土地・家・マンション 売ります、買います、貸します、借ります、なんでも相談下さい

不動産の事なら何でもご相談下さい、売却・相続・有効利用(事業用借地等)等当社の持て力を総動員してお客様の要望にお応えします。不動産コンサルティングマスター、宅建マイスター、2級FP、増改築相談員、2級建築施工管理管理技士、ローンアドバイザー、等々資格者がいます。色々な相談に対応します。
arrow_upward