有限会社エポックブレイン
13:00~21:00(平日)
09:00~20:00(土日)
火・水・祝日
menu メニュー
2018年07月02日
ブログ

道路に接道していない土地の売買

お客様からのご相談で、相続された土地を売却したいと、物件を見に行くと道路に接道していませんでした。お客様に話を聞くと、お父様がその一体を持って見える地主さんから譲ってもらったと、その敷地に入るには元々の地主さんの敷地を通らないと家に入れないとの事。

 

 

接道のない土地をどのようにしたらよいのか

元々の所有者の地主さんから話を伺うと、「昔、仲良くしていたので、この土地を譲ってあげました、私の敷地を通って家を建てる事も承諾していますが、相続人の息子さんが、家を建てるなら今まで通り承諾しますが、そうでない場合は承諾できません。」お客様にその旨を伝えると、隣の地主から数年前から、家に住まないなら、家を壊して欲しい、かなり老朽化しているのでと、確かに危ない感じがしました。壊すと言っても、隣の地主さんの敷地を通らせてもらわないと解体できません。よくよくお話を聞いていくと、その土地を隣地の元所有者が欲しいらしいとの事。

 地主さん曰く「価値のない土地だけど、建物壊してくれるなら考える」と、お客さんは子供の頃に住んでいただけで、この土地に特に住みたい事はなく、ただこのまま相続、相続しても誰も使わないで「負の遺産」になると思うので、どこかで処分しないといけないと、隣地の地主さんは、前に「くれるなら貰うよ」という様な感じで言われたと、歳も離れていて、なかなか話がつかないので、間に入って話をして貰えないかと相談をうけた次第です。

 

接道のない土地は売れるのか

お客様の要望は、「この接道のない土地を、処分したい」「出来れば費用は掛けたくない」この2点がクリアできれば良いとの事でしたので、隣地地主さんに話をしに行きました。

隣地の方の要望は「タダで、手に入れようとは思ってないが、そんなに費用は掛けられない。将来的にこの土地は家を建てるのに欲しいと考えている」という事でした。

私から双方にご提案させて頂いたのは、建物を解体して更地にする費用相当分で売却したらどうでしょうかと、売主は売却金額が売るための費用で相殺され、譲渡税も出ないし、買う方からすれば、比較的安価に入手できるので、それぞれのメリットをお話しして、建物内の不用品処分、建物解体費用で売買をして所有権移転を行い「無事に接道のない土地の売買」をする事が出来ました。その後もこの隣地地主さんとはお付き合いがあり、また別の隣接地も今回の方法で、取得され昔売られた土地を買い戻していかれました。この方法がベストかは分かりませんが、持っていて税金やら管理やらで費用が掛かるのに使えない土地は色々と考えた方が良いかもしれません。

土地・家・マンション 売ります、買います、貸します、借ります、なんでも相談下さい

不動産の事なら何でもご相談下さい、売却・相続・有効利用(事業用借地等)等当社の持て力を総動員してお客様の要望にお応えします。不動産コンサルティングマスター、宅建マイスター、2級FP、増改築相談員、2級建築施工管理管理技士、ローンアドバイザー、等々資格者がいます。色々な相談に対応します。
arrow_upward