有限会社エポックブレイン
13:00~21:00(平日)
09:00~20:00(土日)
火・水・祝日
menu メニュー
2018年11月15日
ブログ

不動産 掘出し物ってあるのでしょうか!!

不動産の掘出し物ってあるのでしょうか? 有ると言えば有るし、無いと言えば無いとなります。不動産は「唯一無二」の物なので、それだけで価値の有るものとおもいます。 掘出し物=値打ち、お買い得と捉えるなら、競売や公売の物件が掘出し物と言えるかもしれません。そうではなく自分の欲しい物件が手に入った時に、自分の価値=物件価格か、自分の価値>物件価格なら「掘出し物」と言えるのではないでしょうか。自分の価値がどの様に思っているかで、「掘出し物」かどうか決まるのではないかと思います。

例えば万年筆等の筆記用具でも数万円以上するものもあれば、数千円で買えるものもありますが、本当に好きな方には数万円でも値打ちに思えても、万年筆なら書ければ何でもいいよと言う人には数万円の物は、いくら物が良くても興味が有りませんので不要となります。自分が何処に価値を見出しているのかで違ってくると思います。

不動産の場合は特にそこが難しく、駅に近いか、陽当りが良いか、広さは、周りの環境はと様々な要素が有るので、自分の希望にある程度合った物件が見つかると、買いたいと思うはずです。その時に自分の価値尺度と価格が一致していれば「良い物件」と思うと思います。逆に自分の思っている価格と離れていると逆になってしまうかもしれません。しかし、売主さんも物件に対する思い等があり手放すのに思案した結果の価格なら、価値観の違いとなると思います。

不動産は、売主、買主双方が納得いく取引が出来る様に、仲介する業者が尽力する事が不可欠と思います。お互いの価値が一致する所を見出すのが不動産仲介業では大切かと思い、査定する際に慎重になります。昨今スピード時代で不動産も数秒で査定が出ると言うものも有る様ですが、それはデータの中だけの話で、売主さんの物件への思いも何もなくただ、ただ査定、車と同じように何年式でグレードは走行距離は色はで○○円です、で良いのでしょうか。

人生で「一番大きな買い物」「唯一無二の物」不動産じっくり考えて、業者も選んで依頼される事をお勧めします。

土地・家・マンション 売ります、買います、貸します、借ります、なんでも相談下さい

不動産の事なら何でもご相談下さい、売却・相続・有効利用(事業用借地等)等当社の持てる力を総動員してお客様の要望にお応えします。不動産コンサルティングマスター、宅建マイスター、2級FP(ファイナンシャルプランナー)、増改築相談員、2級建築施工管理管理技士、ローンアドバイザー、等々資格者がいます。色々な相談に対応します。

arrow_upward