有限会社エポックブレイン
13:00~21:00(平日)
09:00~20:00(土日)
火・水・祝日
menu メニュー
2018年07月18日
ブログ

住宅ローンが借りられない時にする事      個人信用情報開示について

住宅ローンなどで、申込みしたけでどダメだったという様な話をたまに聞く事があります。もしも本人に、ローンの事故等思い当たる事が無い場合には、信用情報の開示を請求する方法があります。「CIC」という信用情報機関に手数料を払って自分の情報を開示して貰えます。インターネットからもクレジットカードで決済が出来れば直ぐに情報を取得する事が出来ます。その情報に誤りがあれば、登録会社に言って、間違った情報で有れば、削除・訂正して貰えるそうです。

クレジット契約等の情報が開示されますので、キャッシングや携帯電話(分割購入)等の情報もあります。急な海外出張で携帯電話の電話料(携帯電話の分割金)を払い忘れて、信用情報に遅延の記録があると住宅ローンの取組に影響が出る可能性が高いと思います。

ほんの少しの事で、大きな買い物が出来なくなってしまいます。つい、うっかりかもしれませんが、個人の信用を見るには「約束の守れる人」というのは大変大切な事かもしれませんので、くれぐれも注意したいものです。

土地・家・マンション 売ります、買います、貸します、借ります、なんでも相談下さい

不動産の事なら何でもご相談下さい、売却・相続・有効利用(事業用借地等)等当社の持て力を総動員してお客様の要望にお応えします。不動産コンサルティングマスター、宅建マイスター、2級FP、増改築相談員、2級建築施工管理管理技士、ローンアドバイザー、等々資格者がいます。色々な相談に対応します。
arrow_upward