有限会社エポックブレイン
13:00~21:00(平日)
09:00~20:00(土日)
火・水・祝日
menu メニュー
2018年07月08日
ブログ

不動産物件選びのポイント

一口に不動産物件と言っても、土地、家、マンション、売買物件、賃貸物件色々あります。売買物件について、それぞれの選び方のポイントをお伝えしたいと思います。

どの物件についてもいえる事は、予算を立てる事が一番大切になると思います。どれ位の金額の物件が購入出来るのか、融資はどれ位受けられるのかと言った事を把握して物件探しに入った方が近道かもしれません。

資金面ではFP(ファイナンシャルプランナー)と呼ばれる方や住宅ローンアドバイザー等に相談するとスムーズに進むかと思います。資金の目処が立ったところで、物件探しに進みます。

土地か家かマンションか?と迷われる事と思いますが。不動産会社の人に予算を話して、自分の希望(学区、駅、買い物等)を伝えて、どんな物件が予算の中で購入可能なのか絞って行きます。

ある程度、自分の中で物件が絞れて来たところで、次は物件を見に行く予定をします家やマンションで居住中の物件の場合は先方の都合に合わせて内覧する事になります

実際に物件を見て気に入って場合は、購入希望の意志を伝える書類(買付証明書)を売主に提出して条件等の交渉に入り、条件が整ったら売買契約を交わす事になります

当社にはFPや住宅ローンアドバイザー、不動産コンサルティングマスター、宅建マイスターの資格者がいますので資金相談も可能ですのでお気軽にご相談下さい。

土地を探す場合のポイント

土地探しのポイントとして、大事なのは接面道路の状況になります。接面道路が公道かどうか、接面する間口はどれ位なのかが、建物を建てる上で重要になります。

次に接道だ南か東か等土地の向き(南向き、東向き等)も重要です。陽当りや風通し等これから住むのに、より快適に住める条件の良い土地を探される事をお勧めします。

この道路の状況によって、建築費も変わってきますのでご注意ください。

土地の形状にも色々あり正方形や長方形、又は延長敷地(旗竿の様な形)等で価格も変わります。

何はさておいても、前面道路に間口が2m以上接しているか、前面道路が「建築が出来る道路」であることが第一です。私道の場合には建物を建てられな場合もありますので十分にご注意ください。

土地・家・マンション 売ります、買います、貸します、借ります、なんでも相談下さい

不動産の事なら何でもご相談下さい、売却・相続・有効利用(事業用借地等)等当社の持て力を総動員してお客様の要望にお応えします。不動産コンサルティングマスター、宅建マイスター、2級FP、増改築相談員、2級建築施工管理管理技士、ローンアドバイザー、等々資格者がいます。色々な相談に対応します。
arrow_upward