有限会社エポックブレイン
13:00~21:00(平日)
09:00~20:00(土日)
火・水・祝日
menu メニュー
2018年07月06日
ブログ

「告知あり」物件とは?

稀に物件案内でみる事のある「告知事項あり」

告知事項って何?と思われる方も多いかと思います。簡単なものであれば、雨漏りや外壁にヒビがある等、目で見てわかるような事から、心理的瑕疵と言って、その建物等で人が病死や自殺した、殺された等と言った事まであります。

先の物理的な事は、分かりやすいのですが、人が亡くなったとなると心中穏やかには聞く事がなかなか出来ないのが現実と思います。この部屋の方が、部屋の中で自殺されましたとなると、購入しようと思う方は限りなくゼロに近づくと思います。売値を極端に下げて売る事になると思います。

一人住まいで孤独死、病死と言ったケースも見られます。相続された方は大変です、後片付けから、色々な手続き、相続登記をして売却に出すも、相場より安くしても売却できるかどうか分かりません。

当社でも過去に2物件告知物件をお預かりしました。どちらの物件も少し価格は下げましたが、まずは「物件のお祓い」をして、綺麗にして、臭いのある場合はオゾンの機械で消臭をお勧めします。購入希望者が現れたら、価格が相場よりも低い訳を説明、たまたまどちらの物件も一人住まいで「病死」でしたので、その事を話して納得して頂いて購入頂きました。

病死の場合は、誰でも何時かは亡くなるのですが、病院か家か、街中か何処で亡くなるかは分かりませんが、家族に見守られて最期を迎えるのが一番良いと思いました。

土地・家・マンション 売ります、買います、貸します、借ります、なんでも相談下さい

不動産の事なら何でもご相談下さい、売却・相続・有効利用(事業用借地等)等当社の持て力を総動員してお客様の要望にお応えします。不動産コンサルティングマスター、宅建マイスター、2級FP、増改築相談員、2級建築施工管理管理技士、ローンアドバイザー、等々資格者がいます。色々な相談に対応します。
arrow_upward